2011年8月アーカイブ

船→未来


そんなこんなで(?)昨夜は屋形船で食事をしました。
 
知らない人が45人くらい居る中でのアウェーな食事、、、
 
スリリングで楽しかったです(笑)
 
fune1.jpg
 
そして、美味しかったです。
 
 
 
で、その後は新宿に移動して少人数の仲間内で遊びました。
 
終電を迎える頃に、更に減員し、
 
最終的には某漫画家2名と俺という組み合わせお好み焼き食べました。
 
 
この面子になることが、あまり無かったので、
 
色々と、このご時世についての考え方を述べ合ったりして、
 
「あー、なるほどなー」って思うようなことを聞けたりもしつつ、
 
朝まで有意義に過ごせましたです。
 
 
 
最近は、どんな人と話しても思うことですが
技術を過信してるだけのものはしょーもない時代なんだな、と思います。
歌でも演奏でも絵でも話でもそうで。
勿論、そこから生まれる説得力(正確には逆か?)は大事なのですが、
そうじゃなくて『それしか無いこと』や『過信してること』が、です。
 
 
元々そんなことはわかりきった事なんですが、
最近は、尚更そうなってきているんじゃないかなー、と。
ようは柔軟なアイデアとコンテンツ力、
それらを上手く料理していくような『閃きと実行力』。
コレらを備えていないものは、もう古いっすね。
あるいは、備えている何者かに救って貰うしか無いんでしょうけど、
そういう「第三者の資本や力」によって救われるのは昔からあることだけれど
「パトロン」って時代でもないし、
プロダクションやプロデューサーがソレなんだと考えるとしても、
それにあやかっている事を理解出来ていないと本末転倒なんだよなー、なんて
思ったりなんかしつつ、、、、、
 
まぁ、いいや。
今度こういうのはゆっくりと話す場でも作って、
その後で文章に纏めて行くようにします。
 
 
 
あ、いや、、、
文章で色々書いてから頭で纏めて、それから話した方がいいかな。。。
 
 
 
ま、好き勝手します(笑)
 
 
 
 

ド。

 
写真では全く伝わらないかと思いますが、 
昨夜の食事は、美味しゅうございました(笑)
 
 
DSCN0345.JPG
 
 
…。
 
 
 
ここ数日考えていたことや疑問点について相談出来て、
また新たに何かを考えようと思えるような時間が過ごせて、
非常に有意義なまま帰宅し、気付けばソファで寝ておりました。
 
 
今月の後半は、作曲をしようと思っていたのですが、
なかなかそういうテンションに持っていけないというか、
別に作曲したくないとかじゃないのだけれど、
でも、まぁ、そんな感じなのです。
 
 
とは言え、1月のGIGまでに新曲をバンバン増やしたいぜ!的な
そんな風には思っているので、
なんだかんだ、色々とやることがある日々の中だと
1月なんて「アッ」っと言う間に来てしまうので、
そろそろまたクリエイティヴな気持ちに転換していかなきゃなー、と
思っておる次第でありますですよ。
 
 
折角色んなことに挑戦しているわけだし、
知人友人も多種多様に存在してくれていることだし、
何か面白い掛け算を思い付かないかなぁ、、、なんて
日々、妄想を繰り返しているのですが…
なかなか難しいもんですね。
もっと精進しなきゃ駄目なんでしょうなー。
 
先日お会いした方が、作曲家っぽかったので
「音楽されてるのですか?」
と聞いてみたところ、
「自分は楽譜も読み書き出来ませんし、音楽はやっておりません。ただ、知り合いにミュージシャンが多いので、そういう人達をプロデュースしています」
と話されまして、
やっぱり作曲家は、楽譜の読み書き出来なきゃ駄目かー…
俺、「ド」がどこかさえイマイチわかんねーしな…
なんて思ったのです。
 
作曲はソレでも出来るわけですが
「作曲家」となると別なのかなぁ…なんて疑問が
ひたすら脳内を駆け回りまして、
その結果、空腹になりましたので、朝食にします。
 
それでは、また。
 
 

石の上にも3年。

 
当初は、昨年の冬にリリース予定で立ち上げたプロジェクト
『静寂に電気鋸』が、昨日ようやくリリースされました。
 
コミックマーケット(コミケ)80の二日目にサークル参加し、
自分が予想していたよりも多くの方に作品に触れて頂き、
ひとまず安堵しております。
(勿論、安堵ばかりしてるワケではないですが)
 
腰を据えてノベルゲームというものについて考え、
ブレインストーミングで作りたいものを話し合い、
その先で、自分らで出来る範囲のことを抽出していき、
作品を作り上げ、その先に今があるわけですが、
「石の上にも3年」とは、よく言ったもので
自分のように、ゲーム制作に足を突っ込んで1年足らずで言うのも何ですが、
正直なところ、3年は続けてみないと
「自分の中での結論」にさえ辿り着けないんじゃないか?
と思っている次第です。
 
『ゲームを自分達で作る』というテーマの中で、
自分がどんなことが出来るか、どんなことをしたいか、
1年前とは比べ物にならないくらい、この夏は「見えてきた」と思います。
特に、昨日は本当に色々と刺激的で、
コミケ会場でもそうですが、
一部の方々と行った打ち上げでも非常に面白い話を聞かせて頂き、
今、すごく「創作」に対して意欲的になっています。
 
 
この作品の中では基本的には「作曲」をした人って感じになってますが、
自分の中では「音楽」はソコまで上手くやれた実感が実はなく、
(出来てないって意味じゃなく、本職なので判断しないようにしてるのです)
チーム内におけるメンタリズムのコントロールや、
辞めていく面子や、そうでない面子とのヒューマニティ、
作品制作における個々の能力の引き出しやジャッジ、
要は総じてディレクション&プロデュースという面で、
1年で物凄く勉強にもなったし、
後半数ヶ月は我ながら、スタート当初とは別人レベルの進行が出来たと
なかなか気持ちよく浸ることが出来ています(笑)
 
作品ってものは得てしてそうですが、
面白いか面白くないか、良いか悪いか、なんてことは個人差があり、
そこはもう受け手にしか決めることが出来ないものですが、
より多くの人に好きになってもらえればいいな、と思っています。
 
自分的には、好きとか嫌いとかとは別になっちゃいますが、
凄く思い入れの強い作品になりました。
 
一緒に制作をしたチームメイトにも熱烈感謝してますし、
アテンド、録音、ミックス、編集、声のキャスト、その他もろもろで
作品に強力してくれた面々にも感謝してますし、
作品に触れてくれた人々(これから触れてくれる人にも)そう思います。
 
 
今後も色々なことしていきたいです。
「音楽」は俺を色々なところに連れていってくれる魔法のようなものです。
普段、何も聴かないくらい大して好きでもないけれど、
その存在は愛して止まないです、音楽。
音楽に出会えたから今の俺があるのは確実だし、
こんなにも色々なことに繋げてくれるその偉大なエンターテインメント性、凄いです。
音楽のことを尊敬してます、俺。
 
 
c80.jpg
 
 
余談ですが、、、
 
 

プレイしてくれた俺のファンの方々から、
「善徳さんが書いた文章ってわかるところがあります!」
って言われるのですが、
この作品の文章の7?8割は俺が書いてます(笑)
 
逆に「俺だとわかってない部分」の方が多い事実を感じて下さいませ^^

真夏の屋内


あっついねー。。。
 
暦の上では秋です!
なんて言われても困るよね。
 
 
さて、
本日、GIG「ヨシノリズム」の
オルタナティ部優先で申し込みをされたミンナに、当落通知が送信されたようです。
申し込まれた方はご確認下さいませ。
 
 
 
ワタクシは、13日にコミケがありまして、
(チェーン荘というサークルを運営してます)
それを終えたら、いよいよ新曲の作成に取り掛かりますよ。
 
 
そして、誕生日(11/26)近辺の週末には
オルタナティ部でイベントを計画してますので(旅行したいな)、
そちらも楽しみにしていて下さい(貯金、夜露死苦)。
 
 

このアーカイブについて

このページには、2011年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年7月です。

次のアーカイブは2011年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12