2010年8月アーカイブ

再帰性アレンジ


4月のライブで初披露した新曲『再帰性信仰ショートカット』
 
そいつのアレンジに明け暮れる日々でした。
 
 
これは27日のアレンジ状態。
 

 
100827saiki1.jpg
 
 
結構変わったでしょ?
 
 
まぁ、見てわかるわけないけども(笑)
 
 
 
そして、これは本日のアレンジ状態。
 

 
100829saiki1.jpg
 
 
…。

 
結構、完成が見えて来たよな?

 

完結。

 
Waiveのサイトが更新されました。
 
そして先日撮影したNEWアー写解禁です。
 
 
wvhpnew.jpg
 
 
 
 
 
 
■以下、追記■
 
 
6月、7月に行われた再演、
本来はそこで完結するつもりだった活動の中、
大阪公演から渋谷公演の間に、今回のGIGSを決めた。
 
渋谷のMCや、このブログでも述べたように、
自分で始めたことを自分で終わらせている感が無いことに疑問を感じたからだ。
元々、Waiveの解散ってのはそうだったのだが、
再演なんてタブーが許されるのなら、
幕の下ろし直しも許されるのかな?とか色々考えた。
 
勿論、そんなことで解決しないことだっていっぱいあるし、
上塗りは所詮上塗りでしかなく、下地が無くなるわけではない。
まぁ、それについては月末発売のフールズで話した内容とも被るので
今ここで書いちゃうと雑誌にアレなので控えておくが(笑)
 
今回のサイトのリニューアルに伴い、
初めてスタッフBLOGみたいなのを読んだ。
彼の表現に添うと、俺は旗を振るということになる。
 
とは言え、一度(二度?)終わったものなので、
活き活きと輝きを放ちながら云々かんぬん?みたいなのでは無く、
いかに安らかに眠らせてあげるか…みたいなイメージもあったり無かったり(笑)
 
 
撮影の打ち合わせをした時に、
「ガーリッシュマインドのアー写のパスタ食べてるやつが、事務所入る前では会心の作品と思う」
という話になって、食事に関わる写真でいくことになった。
 
食事ってテーマでいくなら、最後の写真だし「最後の晩餐」にするか。
ってな流れになった。
いや、こんなにスムーズな会議じゃなかったけども。
 
2005年の解散の際の衣装等のコンセプトは「バカげた葬式」だったので、
今回も「葬儀」的な意味合いはキーワードに置いて話を進めた。
なので、スタイリストが用意した田澤の衣装が白だったことに激怒した。
(撮影の当日まで衣装を知らなかったので)
写真のテイスト感や色味なども、俺に確認がなく撮影が進行されていて、
正直メチャクチャ不愉快だった。
 
いや、スタイリストのミカコさん、カメラマンの小松さん、デザイナーの吉田さん、
どの人のセンスも疑ったことはない。尊敬している。敬愛している。
「悪いものになる」と思って不愉快だったのでは無い。決して。
 
ただ、終わらせるに当たって、俺が俺らしくWaiveに関わるには、
当時と同じように、もっと牛耳っていかなきゃ駄目だと思っていた。
そして、俺以外に最初から最後までクリエイティブに関わっていた人物は居ないんだし
代わりは存在しないという自覚があったから。
 
とは言え、撮影の途中から気持ちを切り替えるように努力した。
これはもう自分の個人的な気持ちとしてだが、
Waiveの最後の写真撮影が「不愉快だったなー!」とかだと嫌だったし(笑)
 
これは、まぁ当たり前っちゃ当たり前のことなんだが、
上記の人達も、
上Bも、ナオエさんも、俺とニノカタのヘアメイクをしたウィッキーさんも、
田澤のメイクさんも、淳のメイクさんも、酒井さんも、鳥居ちゃんも、
あの場にいた全員が、やっぱり最後の撮影の1ピースなわけやしね。
 
で、出来上がって来たものを見て、
まぁ、、、結果としては俺がジャッジして進めたよりも
良い物になったに違いない!と信じるようにして(笑)
(いや、実際に良いものが出来たと思っている)
 
次は、GIGSなので、ライブクルーや会場に集まるファン全員、
そして来られなくても、思いを寄せてくれる全ての人々がそのピースになる、と。
 
 
そんな感じで…
「完結」って言葉も俺が選んだのですが、
愛してもらえると幸いです。
 
 
 
 
====さらに追記====

ソロの方も、いつでも動き出せるように色々努力はしております。
ミンナに心配かけて申し訳ないです。
  
 

考えること


先日、
 
ピュッさんこと知一氏が、
「今、家の前に居ます」
と、いきなりウチに訪れたので、
男と男の語らいをしてきました。
 
 
100818.jpg
 
 
メロンソーダおよびクリームソーダは永遠の少年の味。
 
 
…。
 
 
ぶっちゃけ、何を語り合ったか、あまり覚えてません(笑)
 
 
 
とりあえず、CDというメディアや、
その中に入っているもの(俺らの場合、音楽)が、
この先どのようになっていくか、なんてことを話していた気はする。
 
 
そんなこんなで、
もうすぐ丸1年CDをリリースしていない状態になる俺なわけだが、
少なくとも半年以上、次のリリースについて考えてはいる。
 
こう言うと、よく
「配信オンリーにするかどうか」を悩んでいると思われがちなんだが
それとはまた違った悩みでして、
もっと根底について悩んでいるような、いや、逆に浅い部分なのかな…?
 
 
まず、単純に、
俺らは音をクリエイトしているわけなので、
それをCDやらデータやな、まぁメディアは何でもいいのだが、
そういったものの中にソレを閉じ込めて人々に届ける。
それは決して間違っていないと思う。
 
けれど、考え方によっては、
CDやデータっていう、お決まりのメディアでなくてもイイわけだ。
頭の中の硬い部分が「メディアはコレで!」って押し付けてくる。
 
でも、例えばDVDシングルなんてものが存在するのと一緒で、
別の手段で新曲を届ける方法もあるのかもしれないなー、、、
もっと言えば、結局「音」はデータで渡されるんであったとしても、
携帯とかiTunesとかで買うんじゃなく、
フラッシュメモリーに曲が入っている状態で売るのも、最近たまに存在するし、
他の方法だって、きっと、もっとあると思うんだよな。
 
 
 
世の中、CD屋が潰れまくってるでしょ?
言わずもがなCDっていうメディア自体が売れてない世の中だし、
まぁ、引いては音楽自体のセールスも落ちていると思う。
 
これって何でかな?って考えた時期もあったのだが、
俺の中では1つの結論を見出していて、
 
・音の作り手は音を作って満足し、
その先に、誰がどんな風に形にしているか、
どのようにリリースされ、販売され、
どんな人の手から手に渡っていっているかなんてことに関心を持っていない奴が大半

ということと、
 
・売り手は、メディアの変化やアーティストの低迷により
CDのセールスが低下したり、さらには景気の悪化などの煽りを受けていると考え、
各々の販売形態に疑念を抱くのが遅かった、または今も抱いていない
 
ということが大きなファクターなんじゃないだろうか、と思っている。
 
 
無論、全ての作り手や全てのバイヤーに当てはまることでは無いが。
 
 
長くインディーズ活動をしているので
色々な人と話してきたので、全否定出来るわけがないくらいに
各々が一生懸命にやってるとも思っているのだが、
自分も含めて、本当は、もっと、今まで以上に、
そして今以上に、考えて考えて考えて
『作品づくり?販売』の行程をパッケージングしないと駄目なんじゃないかな?
そう思っているのです。
 
 
曲を書いて、資本を投入し、存在するシステムの中でユーザーに行き渡る。
 
それだって何も無いところから誰かが作ったものなのだから
決して間違っていないし、
買い手にとって、わかりやすい馴染みのあることだろうけど
それが永遠に不変のシステムだ!と思ってしまったり、
それが常識だ、と思ってしまったりするのは、
作り手側、ようは発信側としては良くない傾向なんだと思うのです。
 
 
些細な変化、ホント些細な、1mmでもいいから
常にアイデンティティを投影出来る方法を探るべきなんじゃないか、と
そんな風に考えているわけです。
 
 
 
まぁ、それで1年も考えて何も意見が無いのはどうかと思ってはいるが(笑)
 
 

Zepp Tokyoにて

 
大佑に挨拶してきたよ。
 
 
 
献花に行く方々、今日はすごく暑いので
熱中症に気をつけてね。
 
 

8月も後半です

 
まぁ、、、
タイトルに書いたこと以外、特別に言いたいことも無いのだが(笑)
 
まだまだ暑い日が続くけど、
頑張って夏を乗りきってだね、
楽しく秋を迎えたいものですな!
 
貯金しといてね(笑)
 
 
 
 
 
あと、貯金ね!
 
 

てことで、
日付けが変わって本日はコミケに参加します。


参加者の皆様、どうぞヨロシク。

えーと、、、


俺は、昔、学生時代にゲームを作る学校に行ってました。

その更に昔は、マンガ家になりたくて(今もか)
雑誌に4コマ漫画を送ったりしてました。


ゲーム制作も、クソゲーですが、ガキの頃に何作か作りました。
俗に言う『ツクール』のキッカケとなったと思われる『Dante』とか、
他も色々やったけど名前忘れたが、、、まぁようは、そういうツールを使って
ガキならではの世界観の作品を途中まで作っては飽きて投げ出してました(笑)



専門学校の授業でファミコンのゲームを作りました。
「ぷよぷよ」が自機のシューティングゲーム(笑)
めっちゃクソゲーでした。
けど、作ってる過程は楽しかったような気もしてます。
 
 
卒業制作では、チームを組んでのゲーム作りをしました。
こっちはクラスの中でも個々の得意分野を担当しての作業だったので、
当時の素人が作った作品にしては、かなり高度な作品になりました。
 
まぁ、俺はキャラクターデザイン担当だったのですが(笑)
 
大賞は獲れなかったけど、関西テレビ放送賞か何か貰いました。
俺の人生にとって、かなりどうでもいい賞やけど(笑)
 
 
 
それから時が流れていく中、音楽をガムシャラに続けてきて、
その音楽も最初はPCで作曲してたのに、それをヤメて
アナログでしか曲を作らない時期を数年経て、
近年またPCを使うようになりました。
 
コンピュータの進化は、もの凄い速度なので、
最初はカルチャーショックみたいになったけれど、最近は慣れてきました。
 
 
 
0から何かを生むのは辛いです、しんどいです、痛いです、苦しいです。
でも、他の何かでは得られない感覚も得られます。
 
そして、ソレを誰かと共感しあえた時の喜びは、
少なくとも俺にとって生き甲斐であると言っても過言ではない感覚なのです。
 
音楽なんて別に好きじゃない俺が、
今もそれを生業に出来ている大きな理由の1つでしょう。
 
 
 
そんな中、去年、ひょんなことがキッカケで、コミケに参加させてもらいました。
大勢の人が集まっていて凄かったです。
 
音楽を続けている中でも同じことを頻繁に思うのですが、
集まってる多くの人々が、とても嬉しそうにしていて、
輝いていて、とにかく素敵で、胸が熱くなります。
 
勿論、規模が大きいものなので、全員がそうではないんでしょうけれど、
コミケ初期からのスタッフから話を伺ったりして、
その成り立ちや、システム、秩序、
人と人が作る大きなもの、逆を言えば大きなものの中にちゃんと人がいる事実、
それらに俺は心躍らずにいられませんでした。
 
 
 
ニノカタ(元、相方)が音楽をヤメて料理の道にいくと聞いたとき
「料理も音楽も一緒」
という話をすごくしました。
いや、そりゃ違うけどさ(笑)
でも、共通点はあると思うんです、たくさん。
 
極論、何かを作って、それを自分以外の誰かと共有しあうってこと全てにおいて
共通点はあると思うのです。
 
 
自分の生んだものが、第三者の笑顔や感動につながることって幸せです。
 
こっちからしたら、自分の感性を公に出来て、それを受け取ってもらって、
更には喜んでもらって、自分の喜びにもなる。
そんな素敵なことって、そう簡単には無いことでしょう?違うかな?
 
 
 
物作りにおいて、たしかに発信側と受信側は役割が違うと思うけど、
それはその「作品」に対する視野であって、
もっと大きな「全体像」を見たときには、
受け身側の人々も、きっと作り手なんだと思うんです。
だって、その幸せな空間ってのは、両者がいて広がっていくものだもの。
 
 
 
色々出来るのは「凄いね」って言ってもらえるけど、
器用貧乏なんて言葉は、何年も言われ続けているし、
「色んなことに手を出すのは1つのことがプロフェッショナルじゃないから」
なんて言われることもたまにある。
 
でも、ぶっちゃけどれだっていいや。
楽しそうなことを見て見ぬフリして生きる人生より良いと思うもの。
 
根本的にはネガティブな性格してる俺やけど、
多くの人と楽しみや幸せを共有することに対してだけは、
人より前向きでありたいと思うのです。
 
 

フィーリング


最近、なかなか更新出来なくて…
 
ホント、、、
 
 
 
いつも、すまないねぇ…

ソレは言わない約束だろ、お前さん。
 
 
 
。。。
 
 
ってことで久々の更新になっちゃいました。
ぶっちゃけ、書かないとダメな新しいことが特に何も無くて(笑)
 
 
まぁ、昨日はWaiveの撮影をしました。
ライブ会場で記念に撮ろう!みたいなのが無い限りは、
コレがおそらく最後の撮影ですね。
 
打ち合わせもドタバタで、ろくに出来ず、
色々なことが決まったような決まってないようなまま当日が来て、
俺はこう言ったけど、相手は違う解釈してて、、、みたいな
そういう行き違いの多い撮影でした。
久々にスタッフに対して苛立ちを露骨に出してしまいました。
 
ニノカタが仕事の都合上、遅れてスタジオに来たのですが、
そんなこと当然、知りもせずに入ってきたので、
いい意味で空気読まない態度で接してきてくれたので、
そこからは気持ちも切り替わり、楽しくやれたと思います。
 
写真自体は、俺が打ち合わせの際に
「こういう風にしたい」
と思っていたものとは全然違うものになったのですが、
デザイナー氏もカメラマン氏も、一生懸命に考えて下さったものなので
きっと俺が当初思っていたものよりもカッコイイ物に仕上がるんだと、
今は信じたい気持ちに切り替われています。
 
 
yswv.jpg
 
 
衣装は、解禁日まで見せられないのでモザイクで。
髪型は、かなりブッ飛んでるというか、凄いです(笑)
毎度、俺の要求に応えてくれていることに感謝です。
 
 
 
その後、フールズメイトの取材でした。
 
これも、雑誌側やマネジメント側、色々な意見があって、
受けるべきか受けないべきか、誰が喋るか、等と擦った揉んだあったのですが、
前日(ようするに一昨日)の夜に上Bと俺とで話し合って、
4人で取材を受けることにしました。
 
4人での取材なんて、それこそ解散の時にもやってないので、
何年振りやねん!って話だったし、
これもまた、おそらく最後の機会になっただろうと思います。
 
内容は読んでもらったほうが伝わると思うけど
(ていうか、そうでなきゃ意味ない)
とにかく、ギコチ無い感じでした(笑)
インタビュアーが
「◯◯さんは、どう思いますか?」
と、名前を振らなきゃ誰も喋らないっていう、、、
まぁ、そういうバンドも多いらしいけど、
俺としては、あまり経験のない雰囲気の取材になりました。
 
先月までの3本の再演を経て、
その中で感じることや考えることも、こんなに人によって違うんやなーと思ったし、
てことは観る側も色々なんやろな、と当たり前のことを考えさせられたりもしつつ…
てな感じで、何が正解かはわからんけど、
全力で終わりを駆け抜ける為の
まずはウォーミングアップ(?)のような作業だけは終わりました。
 
 
この数日、まともに眠ることも出来ないハードスケジュールだったので、
今から少し寝ますです。
わっしみ。
 

このアーカイブについて

このページには、2010年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年7月です。

次のアーカイブは2010年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12